Final 2010年7月16日 記事山陰本線余部鉄橋の旧橋梁 取壊/架替のイメージ画像 History 約100年

山陰本線余部鉄橋の旧橋梁 取壊/架替

  • 建物・施設
  • その他

眼下に美しい日本海を望む、山陰本線余部鉄橋の旧橋梁・通称「旧余部鉄橋」(兵庫県美方郡香美町香住区余部)が、2010年に余部新橋梁に架け替えられ、同年の7月16日に100年の長い歴史に幕を下ろしました。

旧余部鉄橋は日本有数の橋梁として1912年に竣工。当時は鉄橋を見るために全国から多くの人が訪れる観光名所としても有名になりました。その後、列車転落事故を契機に架け替えが計画され、工事などで閉鎖されていた時期を経て、2010年8月に現在の余部橋梁が完成しました。

旧鉄橋は橋脚3本を残して取り壊され、今は展望施設として保存されています。訪れた人からは「残された旧軌道を見ると寂しい気持ちになる」といった声もあったようですが、現在は新設された「余部クリスタルタワー」によって、余部の夜がより美しく照らされています。もし、この地に思い出のある方は、生まれ変わった橋梁を訪れてみてはいかがでしょうか。

 

(2019年12月執筆)

 

周囲の緑色と赤色のコントラストが美しい鉄橋でした。

 

歴史は永遠に語り継がれることでしょう。

 

PHOTO:くろうさぎ様 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す