記事日田彦山線 大鶴駅 廃駅かのイメージ画像

日田彦山線 大鶴駅 廃駅か

  • 乗り物
  • 建物・施設

JR九州日田彦山線の大鶴駅(大分県日田市大肥本町)は、1937年に彦山線夜明駅から宝珠山駅間の開通に伴って開業した駅。現在、同駅の廃駅が検討されています。

大鶴駅は、開業後の1984年に無人駅となり、1987年に民営化。その後2010年に新駅舎へ建て替えられましたが、2017年の九州北部豪雨の影響によって現在は休止している状態です。かつては木材や炭坑などの輸送で栄えた駅でしたが、このまま廃止となれば81年の長い歴史に終止符が打たれます。

廃駅になる前に、同駅にゆかりのある方は、ぜひもう一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2020年6月執筆)

 

比較的新しい駅舎のようです。沢山の思い出が詰まっていることでしょう。

 

温かみのある駅看板です。

 

長きに渡り地域の大切な場所でした。本当にありがとうございます。

 

PHOTO:KAZE

 

 

永久保存版の映像になるかもしれません。廃盤になる前に購入してはいかがでしょうか。

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事