記事三江線 所木駅 廃駅のイメージ画像

三江線 所木駅 廃駅

  • 乗り物
  • 建物・施設

1956年7月10日に、国鉄三江南線の駅として新設された所木駅(広島県安芸高田市高宮町船木上所木3413)が、2018年4月1日JR西日本の三江線の全線廃止に伴い、廃駅となることで62年の歴史に幕を下ろしました。

同駅は1面1線の単式ホームで、駅舎のない無人駅でした。山の麓を流れる江の川沿いにあり、斜面との間に設置された幅の狭い駅で、棚田のある集落の中にありました。駅の近くには、江の川を渡る数少ない橋があり、駅とともにこの地域の生活道路となっています。三江線の中では比較的民家に囲まれた駅だった所木駅。昭和の時代には、踏切の警笛の音が聞こえてから駅まで走って行けば列車に乗ることができた人もいるのだとか。廃駅とともに警笛も聞こえなくなり、寂しさを訴える人が多くいるようです。

(2019年2月執筆)

 

長い間本当にお疲れ様でした。

 

PHOTO:PIXTA

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す