出石文化会館[ひぼこホール] 閉館/取壊

  • 建物・施設

出石文化会館(兵庫県豊岡市出石町水318)は、1994年開館の「ひぼこホール」と呼ばれる兵庫県豊岡市の文化施設です。日本書紀に登場し、但馬地方を治めたとされる渡来神「天日槍-アメノヒボコ」にちなんで「ひぼこホール」と名付けられました。

490席と手ごろな大きさのホールでは、地域の学校の音楽コンクールから本格的なコンサートまで各種イベントが行われ、市民に親しまれています。曲線を描いて巻き上がったカタツムリのような形で、個性的な外観が特徴のホールです。

2019年4月現在でオープンから25年が経過、老朽化により廃止が決定し利用停止されている同ホールですが、その個性的な外観はまだ出石町のランドマークとして現存しています。同館を利用したことがある方は、ぜひもう一度足を運び、当時の記憶に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

(2019年4月執筆)

 

VIDEO : 松本敏明 様

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す