Final 2021年3月31日 記事風の丘風力発電所 解体/撤去のイメージ画像 History 19年

風の丘風力発電所 解体/撤去

  • 建物・施設
  • その他

新潟県柏崎市青海川の風力発電施設「風の丘風力発電所」(新潟県柏崎市青海川181)が長年の役割を終え、解体撤去されました。

当発電所の営業運転の開始は、2002年。非営利組織が事業主体の施設です。ブレード(3枚)の直径42m、高さ56m、出力480kWの発電機です。「かつてこの発電所はとても綺麗にライトアップされていて、観光地として人気だったこともあるんですよ。この度解体されると聞きました。きっと役割を終えたのですね。長きに渡りお疲れ様でした。」地域住民の言葉です。

大きく新しい潮流が生まれそうな地域のエネルギー政策。この場所にも一つの時代を終える確かな歴史があります。

(2021年3月執筆)

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事